こんにちは、最近のマスクは本当に進化していて、小顔マスクとかピンクのマスクとかオシャレ感があるけど、僕が子供の頃は、マスクしてる人=変質者?みたいな時代だったと、時の流れのはやさを感じているミナミストです。

 

さて今回は、アクアリウムをされる方に、コケ取りやさんとして人気があるヒメタニシですが、同じコケ取りやさんであるミナミヌマエビと混泳させることのメリットとデメリットについて書いていきたいと思います。

 

ちなみに我が家では、コケ取り能力が少し少ない石巻貝を投入してますが、ヒメタニシのコケ取り能力はアクアリウム界の貝類では最強クラスと言われています。

 

そこらへんも踏まえた上での、メリット・デメリットを見ていきましょう。

 




 

ミナミヌマエビとヒメタニシ、混泳するメリット

 

ミナミヌマエビとヒメタニシが食べるコケ、食べないコケについて

 

ミナミヌマエビとヒメタニシはどちらもアクアリウムではコケ取りやさんとして広く認知されています。

 

でも、実はそれぞれ専門性を持っているんですね。

 

ミナミヌマエビがよく食べるコケは、茶苔、アオミドロ、短いフサフサのコケがあります。

 

逆に食べないコケは、藍藻(シアノバクテリア)、黒髭状のコケ、緑の斑点状のコケです。

 

次にヒメタニシがよく食べるコケは、茶苔、アオミドロ、藍藻(シアノバクテリア)、緑の斑点状のコケ、アオコ(グリーンウォーター)など、ほとんどのコケを食べてくれます。

 

食べられないコケは、細い水草にできるコケで、短いフサフサのコケや、黒髭状のコケなどです。

 

以上のように、ミナミヌマエビだけで、すべてのコケ取りができるわけではないんですね。つまり、ミナミヌマエビの水槽にヒメタニシを投入しておけば、ほぼすべてのコケをやっつけることができるわけです。

 




 

ヒメタニシの繁殖について

 

ヒメタニシの繁殖は、卵を産まず、母親から直接稚貝が生まれる胎生です。

 

なので、他のコケ取りする貝類(ピンクラムズホーンや石巻貝など)のように、卵をガラス面に産み付ける事がありません。

 

卵を産み付けるからといって、特に問題があるわけではないんですが、水槽を綺麗に維持している方は、結構これがいやだったりするみたいですね。

 

特にピンクラムズホーンでは、一度繁殖し始めると、止まらないぐらい増え続けることになるため(卵生だと、どこに産み付けているかわかりにくいため、どんどん増えてしまう)注意が必要だったりします。

 

その点、ヒメタニシでは、胎生なのでピンクラムズホーンのように、爆発的に繁殖する心配もありません。

 

また繁殖したとしても、隠れ卵などが産み付けられていないため、実際に必要な生体を残して、それ以外を隔離することもできるわけで、アクアリストには特に人気があるようですね。

 

 

ミナミヌマエビとヒメタニシ、混泳するデメリット

 

ヒメタニシを混泳させるデメリットなんですが、実はそれほどありません。

 

ただ一つだけ注意しておかなければならないことは、ヒメタニシは、相当な大食漢であるということです。

 

なので、ヒメタニシは石巻貝なんかと比べると、かなり大量のコケが必要になります。

 

そうなると、ミナミヌマエビの食べるコケも食べ尽くしてしまうかもしれませんし、実際にコケを発生させるために、常時照明が必要になるかもしれません。

 

まあそのあたりは、実際の飼育環境にもよりますので、一概には言えませんが、コケがなくなって餓死するヒメタニシということも、十分に考えられますので、もし混泳させる場合は、ヒメタニシ用のエサとして、プレコの餌などを定期的に与えるようにしましょう。

 

まとめ

 

ミナミヌマエビとヒメタニシを混泳させるメリット・デメリット

 

混泳させるメリット

 

  1. ミナミヌマエビが食べないコケもヒメタニシは食べるので、混泳することで、ほぼすべてのコケを処理することができる。
  2. コケ取りとして、よく働くヒメタニシですが、他の貝類と違って卵生ではないため、卵をガラス面に産み付けたりせず、視覚的に水槽を美しく保つことができる。
  3. ヒメタニシは胎生であるため、産み付けられた卵がどんどん生まれて、大繁殖ループのようなことにはなりにくい。

 

混泳させるデメリット

 

  1. ヒメタニシがコケを食べすぎると、ミナミヌマエビや、ヒメタニシのエサが無くなって、餓死してしまう可能性がある。
  2. コケの発生が少ない場合は常時照明が必要になる。

 

今回は、ミナミヌマエビとヒメタニシの混泳についてそのメリットとデメリットについて書いていきました。

 

これから混泳を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

今回も最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

 




 

参考になりましたら、クリックをお願いします。

↓  ↓  ↓