何かを欲しい!と思ったら実は遠ざけてしまうという事実

スピリチュアル

 

 

どうも、YUHAです。

 

 

あなたは、なにか欲しいものがありますか?

 

 

お金でしょうか?それとも恋人でしょうか?それとも健康な体でしょうか?

 

 

私はというと、昔からお金で苦労してきたためか、ずっとお金が欲しいと思って生きてきました。

 

 

何かが欲しいと強く願うことで、願いが叶う(思考は現実化する)みたいなことが言われていますね。

 

 

でもそれは、半分正解で半分間違いなんです。

 

 

今回は、何かを欲しいと願えば、実際にはそれをそれを遠ざけてしまう、ということについて書いていきます。




 

 

 

欲しいものを求めるとなぜ遠ざけることになるのか?

 

 

[char no=”2″ char=”YUHA”]神さん、欲しいものを欲しいと願うと、結果的にそれを遠ざけてしまうのでしょうか?[/char]

 

[char no=”1″ char=”神さん”]そうだよ、神は神の姿をかたどり、神に似せてあなたがたを創造したって言うのは、あなたがたに私と同じ能力である、創造する力与えたということなんだよ。
そして、何かが欲しいと言うってことは、それが無いと言い切ることになるから、実際には無いという現実を創造することになり、結果的に欲しいものを得ることが難しくなってしまうんだよ。つまり、欲することを経験する人生を創造してしまうんだね。[/char]

 

わたしたち人間には、思考を現実化する能力が与えられています。

 

 

ヒトが考えると、そこにエネルギー(微小ですが)が生じます。振動といってもいいです。

 

 

そのエネルギーは、消えることなく宇宙へと放出され、永遠に広がっていきます。

 

 

そして、飛び回り、他の似たようなエネルギーと引きつけあいます。(引き寄せの法則ですね)

 

 

似たエネルギーのかたまりが更にくっついていき、大きなかたまりになったとき、物質ができます。

 

 

これが、思考が現実になるプロセスです。

 

 

これをふまえて、何かが欲しいと願ったり、祈ったりすると、その「欲しいという思考」が宇宙に放たれます。

 

 

その思考は、引き寄せあってどんどん大きくなり、結局はそれをいつまでも欲しがるという言葉通りの現実を創造することになります。

 

 

つまりは、それをいつまでも得ることができないということになります。




 

何かが欲しいときにするべき本当の祈りとは?

 

 

[char no=”2″ char=”YUHA”]じゃあ、何かを欲しいと思ったときは、どうしたらいいんですか?[/char]

 

[char no=”1″ char=”神さん”]何かが欲しいと祈るのではなく、それを得たことを前もって私に感謝することだね。感謝するとは、それがもうすでに与えられたことを認めることだからね。[/char]

 

 

先程の思考が現実になるプロセスにあてはめてみると、それを得たことを前もって感謝するということは、例えば、「私は生活するのに十分なお金を持っています。神さんありがとう。」みたいな思考になるでしょうか?

 

 

そうすると、思考は宇宙へと旅立っていきます。

 

 

そして、似たような思考とくっつきどんどん大きくなって、それが現実となるということですね。

 

 

これが、あらかじめ感謝するということです。

 

 

まとめ

 

 

今回は、何かを欲しいと願えば、実際にはそれをそれを遠ざけてしまうということについて書いてみました。

 

 

ヒトの思考は宇宙へと放たれ、似た思考とくっつきあい、大きくなって現実となるという法則があります。

 

 

その法則のため、何かを欲しいと願うと、その欲しがっている状態を宇宙に宣言してしまうので、宇宙は「わかった、お前はいつも欲しがっている状態にしてやろう」となり、実際に欲しいものを遠ざけてしまうことになるんですね。

 

 

そこで、実際に欲しいものを得るためには、それがすでにあることを神さんに感謝するという方法があります。

 

 

感謝するということは、すでにそれがあるということを宇宙に宣言することになるからですね。

 

 

あなたも何かが欲しいときは、欲しいと願うのではなく、常に感謝することを習慣にしてみてくださね。

 

 

今回は以上になります。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。




 

コメント